理論関係

FEM関係

総和規約について

久しぶりに弾性力学をやり直そうと思って、どうせだからブログにアウトプットしようと思う。 総和規約 直交座標系x-y-zをここで$ x_1, x_2, x_3 $ とおく。とりあえずおく。微少な長さ$ds$の $ x_1...
理論関係

スプライン補間の計算について -その3-

これまで、スプライン補間の基本式と条件を用いて、多項式の係数を計算してまとめました。今回は、係数をどのように計算するか考えます。 連立方程式の行列表示 これまで$h_i, a_i, c_i$ですべての区間の曲線...
理論関係

スプライン補間の計算について -その2-

前回の記事で、スプライン補間の各条件を示して、未知数の数だけ方程式を作ることができました。次に、簡単に計算を進めるために式変換をしていきます。 式番号は前回の記事から続いているので参照してください! 係数を...
理論関係

スプライン補間の計算について -その1-

前回の記事でRhinocerosのGrasshopperでスプライン補間ができることについてまとめました。 今回はこれを実際に作るときの計算方法、つまり理論的なところを追っていきたいと思います。 スプライン...
Grasshopper

grasshopperのOrientコンポーネントの使い方

とっても便利なコンポーネントです。 前回のこの記事で,局所座標系でものを配置することについて説明しましたが,今回は局所座標系でものを作るのではなくて この記事ではある座標系Aからある座標系Bへ物とその姿勢を...
Grasshopper

平面の方程式とGrasshopperのPlaneについて

Plane使ってますか? Rhinoceros,Grasshopperでは局所座標をPlaneによってつくることができます。こまごましたところでモデリングするときは思い切って座標系を切り替えることで急にシンプルになるというこ...
理論関係

座標変換のメモ その2 同次変換行列

前回の記事では、回転行列について説明をしました。ここでは移動を中心に説明します。 移動と回転 つぎのような原点$o_{o}$をもつ座標系$\Sigma_{o}$と 原点$o_{a}$をもつ座標系 $\Sigma_{a}...
理論関係

座標変換のメモ その1 回転行列

回転行列など座標変換はCADを扱う上では日常茶飯事ですね。とはいえ、全部、暗記する気は全く起きない!ということでメモしようと思います。 回転の順番 回転の順番はZ軸回り,Y軸回り,X軸回りとします。この順番によっては回...
スポンサーリンク